トップ

利回りの算出方法とは

賃貸経営の基準、利回りとは

利回りの基礎知識を説明

賃貸経営を始めたいと検討している人は、本当に儲かるのかどうか慎重に検討を重ねるかと思います。
賃貸経営に興味がある方はこちら。

広告などでは利回りが10パーセントであるため、10年で元が取れるようなことを謳っていることが多いですが、本当かどうか疑わしく思う人も多いでしょう。実はこの10年で元が取れるいうような謳い文句は、リスクや諸費用などを無視した計算に基づいています。これを表面利回りやグロス利回りと言います。単純に毎年の家賃収入を物件の購入価格で割った数字です。非常に分かりやすいため、賃貸経営を検討している人も参考にすることが多いです。

しかし、現実には賃貸経営はさまざまなリスクを伴い、諸費用もかかります。賃貸経営をする際にはそれらを加味した実質利回りを考慮しなければなりません。実質利回りはネット利回りと呼ばれることもあり、物件の状態を維持するための諸経費や、物件を購入する際にかかった諸費用を考慮した数字になっています。

家賃収入から火災保険料や固定資産税、修繕費などを差し引いた金額を収益とし、物件の購入価格に取得費用を加えた上で利回りを計算します。そうすると必然的に表面利回りよりも低い数字になります。この実質利回りを元に利益計画を立てることで、安全に賃貸経営をすることができます。

広告などでは、家賃収入を計算するにあたり満室を想定していることが多いです。しかし、実際には空室のリスクを伴うため、それも加味した上で計算するとより現実的な利益計画を立てることができます。1億円の物件で年間の家賃収入が1000万円なら表面利回りは10パーセントですが、空室率が15パーセントでそれを加味すると、8.5パーセントということになります。これに諸経費と諸費用を加えると実質利回りはさらに低くなり、表面利回りとだいぶ差があることが分かります。

Copyright © 賃貸経営の基準、利回りとは. All rights reserved.